「笑う介護士」強姦逮捕!被害女性「泣いても大声出しても指噛んでもダメでした」

印刷

   「笑う介護士」として知られ、「介護界のカリスマ」ともいわれる名古屋市熱田区の介護福祉士で介護会社社長の袖山卓也容疑者(41)が、きのう24日(2013年4月)に強姦容疑で逮捕された。今年3月上旬、東京都内のホテルで20代の女性介護福祉士に「愛人になってほしい」と迫り、暴行した疑い。「強引だったかもしれないが、合意のもとだった」と容疑を否定しているが、「とくダネ!」が取材した被害女性の電話インタビューの内容とは食い違い、介護の現場で見せる笑顔とは別の顔が浮かんでくる。

「強引だったかもしれないが、合意のもとだった」

   袖山は高校時代まではいわゆるヤンキー(不良)だったという。仲間がバイク事故で死亡したことをきっかけに医療福祉関係の短大に進み、介護の仕事に従事するようになった。「笑」の文字をプリントしたTシャツを着て高齢者を和ませ、介護の世界で注目されるようになり、今では数々の著作があり、年間100回の講演も行っている。

合意の上というけど…

   女性は著書などで袖山を知ってインターネットの交流サイトで連絡を取り合うようになり、この3月に初めて都内で会った。彼女のインタビューによると――。

   「当日も介護の話になり、とても紳士的だったんです。もっと介護の話がしたいと部屋まできたので、何回も断ったが、もう少し話そうと…。(部屋に入ると態度が変わり)すごい口説き文句で、愛人に、みたいな。どんなに抵抗しても泣いてもやめてくれないし、指を噛んだりしても大きな声を出しても駄目でした」

   「(泣き声で)周りにも言えないことだから…。逮捕されるまで眠れないし、吐き気はするし、頭痛もする。尊敬の思いで介護のアドバイスをしてほしいと思っていたのに、踏みにじられて悔しいですよ。介護の世界から早く消えてほしい」

   女性は袖山からのメールも明らかにした。以下のような内容だった。

   「どうか心に収めて一緒に乗り越えてくれないかなと思います。本当にすみません。本当に本当にすみません。わたしはこれからどうしていけば、少しでもあなたやあなたを支える方々に対しまして償っていけますでしょうか?」

法律専門家「相手がカリスマでは断りにくい。合意認められない」

   司会の小倉智昭「こういう事件が起きると、男性は合意だと言いますよね」

   コメンテーターの中江有里(女優、脚本家)「合意って言葉をどう判断するか難しいですが、愛人にならないかと言ったりすることは、相手の人間性を否定していると感じました」

   小倉が電話で山田秀雄弁護士に聞く。山田氏は合意があったという主張は非常に厳しいとみる。その根拠は「(1)会ったのが初回だったこと(2)介護の話をしたいといって部屋に入っている(3)カリスマ介護士とその道をめざす介護士との関係では断りにくい。こういう中で本当の合意が形成されるのか、またメールの内容からも合意の立証は難しいと思います」と話した。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中