三浦雄一郎ヒマラヤ5700メートルから生出演!80歳3度目のエベレスト挑戦中

印刷

   いや、びっくりした。80歳で3度目のエベレスト(標高8848メートル)登頂を目指す冒険家の三浦雄一郎さんが、高度順応訓練中のプモリの5700 メートル地点から、衛星電話でスタジオの司会・羽鳥慎一と普通にしゃべった。しかも、不完全だが画像までが届いた。いやはや、SF作家の小松左京や漫画家の手塚治虫に見せてやりたい。

いまは高度順応訓練中…空気は平地の半分、頂上は3分の1

   羽鳥が「三浦さーん」と呼びかけると、「あ、おはようございます」と出てくる。羽鳥「そちらはいま午前6時すぎ」

体調いかがですか?

   三浦「日は昇りかけてるけど、ここまで陽は差してません」

   羽鳥「気温は?」

   三浦「体感ではマイナス15度くらいで、寒いです」

   羽鳥「体調はいかがですか」

   三浦「非常に良好です。20日間くらい登ったり下ったりで体を慣らしました」

   まあ、こんな調子で話が進む。

   羽鳥「今日のご予定は?」

   三浦「あと4、5時間したらベースキャンプ(5300メートル)へ下ります。そしてエベレスト本峰への訓練が始まります」

   海外の中継でよく見られるタイムラグもない。東京で話してるような感じだ。

   高木美保(タレント)「近いですね。お隣と話してるみたい」

   松尾貴史(タレント)「間が空かない」

   羽鳥がフリップの絵を示して、「ここでしゃべってるんですよ」という。エベレストの登山ルートがあって、それに向かい合うプモリ(7161メートル)の斜面の途中だ。赤地に白抜きで「5700m」とある。富士山より2000メートル、ヨーロッパアルプスより1000メートル高い。それがどんなに過酷か。空気の薄さは、富士山の頂上で平地の3分の2、プモリの5700メートルで半分、エベレストの頂上では3分の1になる。しかも 三浦さんは80歳だ。

「70歳のときより調子はいい。5月13日に頂上に立ちます」

   三浦さんが最初にエベレスト登頂を目指したのは65歳のときだった。「メタボで不整脈をかかえるじいさんが、70歳で目指すのは面白いじゃない」と、 片足4キロ、背中に20キロのリュックでトレーニングをはじめた。そして2003年、70歳で初登頂。さらに08年に75歳で2度目の登頂を果たした。

   今回は3度目の挑戦だが、昨年11月(2012年)の羽鳥とのインタビューで、「不可能と思われることにチャレンジしてみたい。80歳でエベレストなんて、こんな幸せな人生ないと思いますよ」といっていた。先月29日にカトマンズに入り、27人のグループでルクラからエベレスト街道を16日かけて(通常は10日)トレッキング。16日に 5300メートルのベースキャンプに着いて、さらにプモリのトレーニングにきていた。

   この日のナマのやり取りの途中で画像も入ってきた。不鮮明だが、赤いジャケット姿が山を背にしてしゃべっている。羽鳥が「赤い服装ですか」と聞くと、いったん途切れたが、「そうです」という。間違いない。ナマの映像だ。ちょうど朝日がさしてきたところで、後ろの山がエベレストらしい。

   話はさらに続いたが、登頂は来月13日の予定。「8300メートルの最終キャンプでは抹茶パーティーをやる」「70歳のときより調子がいい」と意気軒昂である。頂上にたどり着けたら「バンザイを叫ぶだけ」だ話す。

   羽鳥「頑張ってください」

   三浦「ありがとうございました」

   山登りはいつ何が起るかわからないが、まずは天候と健康を祈りたいところだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中