連続放火犯逮捕の瞬間!火災現場と同じ県営アパートの住人だった

印刷

   県営住宅の階段踊り場に古タイヤが置かれ炎を上げていた。「110番、110番!」と叫ぶ取材スタッフ。愛知県安城市で起きていた連続放火事件で、FNN取材班が激しく燃え上がる炎と放火犯逮捕の瞬間を捉えた。

愛知県安城市で3月から23件

   田中大貴リポーターは「安城市では3月(2013年)から放火と見られる火災が23件起きていました」と伝えた。逮捕されたのは同じ県営アパートに住み、この火災現場すぐ近くの部屋の石崎孝行容疑者(36歳)だった。

なぜ特定できたの?

   取材班の東海テレビ・丹羽記者は「連続放火事件の大半はこの県営住宅周辺で起きていました。そこで、県営住宅の自警団パトロールに同行取材をさせてもらっている最中に放火が起き、犯人が捕らえられました」とレポートする。

   メインキャスターの小倉智昭「なぜその場所だとわかったの?」

   丹羽「パトロールの最中の県営住宅自治会長から、きな臭い臭いがするという連絡が入りました。それで、現場に駆けつけて見ると炎が上がっていました」

   火災直後、警察官が石崎が住む部屋のドアを激しく叩き、「ドアを開けなさい。出て来なさい!」と叫ぶ音声も放送された。小倉「彼が放火犯だと特定できたのはどうしてなんですか」

   取材班のリーダー岡田孝平記者は「県営住宅周辺で放火事件が連続しているということで、警察も張り込みなどパトロールを強化していたようです。そして昨夜(4月25日)、その最中に石崎が犯行に及ぶところを目撃したと思われます」と伝えた。

警察も張り込みで住人チェック

   田中「今月の15日と18日は県営住宅の駐輪場でバイクが2台放火されました。それから、警察も県営住宅に住む人をチェックし始めたようです。これまで放火に使われたのは、竹やぶやゴザ、枯れ木などでした」

   小倉「放火犯は灯油などを使うと思っていたけど、枯れ木やゴザというのは珍しいね」

   コメンテーターのショーン川上(経営コンサルタント)は「放火は相手に対する個人的恨みとか怨恨という例が多い。これだけ連続して火を付けたのは、別の理由があったからではないかと思えますよね」と話したが、放火の動機は個人的恨みや怨恨が多いって…、違ってないか。多いのは愉快犯やイライラからでしょ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中