神奈川・小田原で続発「学校荒らし」悪ガキ面白半分―ガラス割ったり校庭水浸し

印刷
「不満があってというよりは、事件を起こして面白がっている感じがしますね。14歳以上だったら書類送検では済まない。逮捕される可能性があります」

   コメンテーターの本村健太郎(弁護士兼俳優)が警告するのは、神奈川県小田原市内の中学校で多発する学校荒らしだ。

検挙された中2女子「漫画マネしてやった」

   今年2月(2013年)、市立酒匂中学の9教室で窓ガラスが割られたり、教室が水浸しにされた事件で、警察は1日(2013年5月)、市内の中学2年の女子生徒(いずれも13歳)を器物損壊・建造物侵入の疑いで検挙した。2人は事実関係を認めたうえで「漫画の内容を真似した」と話しているという。

どんな家庭なのか

   ところが、この事件の後、城北中学で窓ガラスが割られ、国府津中学と白鴎中学でも校庭が水浸しにされて窓ガラスが割られ、鴨宮中学も校庭にバットやサッカーボールが投げ出されるいたずらにあった。

   このうち、国府津中学の事件で警察は1日に市内の中学3年の男子生徒(14)と中学2年の男子生徒(13)を検挙した。調べに対し2人は「酒匂中学の事件を真似た」と話しているという。

14歳以上なら逮捕される犯罪

   司会の加藤浩次が語気を強めて「やったら捕まることぐらいわかるでしょう、中学生だったら。何が不満なのか知らないけれど、絶対にダメです」

   キャスターのテリー伊藤「その前に、彼女たちがどんな家庭環境で、何に不満があったのか、そこの発表がない。どういう形で検挙できたのかも警察は言っていないですね」

   本村は「面白がっている感じ」というわけだが、度が過ぎた悪ふざけは犯罪である。学校なり市は損害賠償をキッチリ求めるべきである。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中