作家の本谷有希子・詩人の御徒町凧と入籍「とても愉しい結婚式だった」

印刷

   作家の本谷有希子(33)が詩人の御徒町凧(おかちまち・かいと=35)と結婚したと5月8日(2013年)に発表した。7日に式を挙げ、その足で入籍したという。

   本谷は「とても愉しい結婚式だった」と振り返りながら、今後は「もう少し時間の使い方を変えて、創作に向き合いたい」「これまでかけたことのない時間を費やして長い小説に挑戦したり、もしくは連続して小説を数本発表することもしてみたい」と意欲を見せた。なお「特に触れなくていいことかもしれませんが、妊娠はまだしていません」という。

   本谷は主宰する劇団の劇作家として活動するほか、小説が3度も芥川賞候補になり、4月には『嵐のピクニック』で大江健三郎賞を受賞した。また御徒町は友人の森山直太朗(37)とともに「さくら」(03年)などのヒット曲を作詞している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中