2018年 7月 23日 (月)

林葉直子「最近の将棋界ついていけない。時代が違うから『別に』って感じ」

印刷

   元女流棋士の林葉直子(45)が最近の将棋界に「ついていけない」と5月7日(2013年)のブログでぼやいている。里見香奈(21)が史上初の女流五冠になったことや、将棋ソフトの強さを競う「第23回世界コンピュータ将棋選手権」の開催について、「里美女流棋士が五冠になったり コンピューター同士で戦っていた、とNHKに出ていましたが、時代が違うからネ」「沢尻エリカちゃんみたいに『別に』って感じ」と感心なさそうだ。

   林葉は「電話線がなくても電話できるなんて 不思議な時代なんだもん」とすねているようにもみえるが、「世界コンピュータ将棋選手権」は林葉が現役時代の90年から行われている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中