林葉直子「最近の将棋界ついていけない。時代が違うから『別に』って感じ」

印刷

   元女流棋士の林葉直子(45)が最近の将棋界に「ついていけない」と5月7日(2013年)のブログでぼやいている。里見香奈(21)が史上初の女流五冠になったことや、将棋ソフトの強さを競う「第23回世界コンピュータ将棋選手権」の開催について、「里美女流棋士が五冠になったり コンピューター同士で戦っていた、とNHKに出ていましたが、時代が違うからネ」「沢尻エリカちゃんみたいに『別に』って感じ」と感心なさそうだ。

   林葉は「電話線がなくても電話できるなんて 不思議な時代なんだもん」とすねているようにもみえるが、「世界コンピュータ将棋選手権」は林葉が現役時代の90年から行われている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中