大食らい石塚英彦でぶち壊し!贅沢な脇役たち「微妙な人間模様」楽しみたい
<刑事110キロ 第2回>(テレビ朝日系)

印刷

   「またもやお主か、テレ朝よ」と啖呵を切りたいくらい次々と出てくるテレビ朝日の警察ものドラマ。今度はおデブちゃんの石塚英彦が初主演だって。石塚には筆者はいい印象が全くない。カメラの方に大口開けて意地汚く食べ散らかしているバラエティの顔が浮かんできて「うっ」となる。飽食の代名詞にしか思えない。
   このドラマでも大食らいシーンは出てくる。あまり見たくなかったが、内容は至って真面目だ。テレ朝が大好きな一連の京都ものの1つで、しかも脇役が贅沢である。祇園の小鍋屋の女将・あかねになるのが竹下景子、中村俊介、星野真里、高畑淳子ら刑事仲間の面々も賑やかである。あかねがいい人では決してなくて、海千山千の女将業らしく、口は減らないし、殺人の前科もちという設定なのだ。
   事件そのものも女弁護士が殺されて、靴の裏についていた京野菜が偽装工作の1つだったとか、小鍋屋が食中毒で因縁をつけられたとか、あかねは美人なのに、若い京野菜屋の女・靖子(高野志穂)に夫(本田博太郎)を奪われて鬱屈しているとか、人間模様のディテールがユニークである。靖子に扮した高野が、あーら懐かしや、NHKの朝ドラ(タイトルは忘れた)で英語の先生をやっていた女優。嫁にでも行って消えちゃったのかと思っていたらまだやってた。それにしても老けたなあ。前歯の特徴がなければ見過ごすところだった。
   「おみやさん」とか「科捜研の女」とか、京都が舞台のミステリーは一定のお客もついてそこそこ視聴率も稼げる。商売が上手い。(放送2013年5月2日19時58分~)

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中