英キャメロン首相「ファーガソン監督退任でアストン・ビラが楽になって欲しい」

印刷

   イングランド・サッカープレミアリーグ「マンチェスター・ユナイテッド」のアレックス・ファーガソン監督(71)の退任が5月8日(2013年)に発表された。リオ・ファーディナンドやクリスチアーノ・ロナウドら、監督のもとでプレーした多くの選手がツイッターで退任を惜しんだ。

   27年間チームの監督を務め、13度のリーグ優勝を果たし、「ナイト」の爵位を持つファーガソンに、イギリスのデービッド・キャメロン首相は「ファーガソン監督のマンチェスター・ユナイテッドでの功績は特別だ」とツイート。下位に低迷する「アストン・ビラ」のサポーターであるため、「願わくば彼の退任によって、私のアストン・ビラが少しでも楽になって欲しい」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中