2018年 7月 22日 (日)

新手の詐欺横行!公共機関名乗り「あの会社なら大丈夫」と仏像90万円

印刷

   井上貴博アナになりすまし詐欺の電話がかかってきたという。「実家にいる私が電話を取ったら、相手は涙ながらに『俺、おれ、俺』って言うんです。でも、聞いているのが本人の俺なんですよ」

   いやはや、大笑いの一幕だが、詐欺グループはそれだけ手当たり次第に電話をかけまくっているということだ。しかし、なりすましだけでなく新手の詐欺が次々と登場している。

30万円の宝石を1700円で強引に押し買い

【押し買い】

   井上「押し買いとは押し売りの反対の詐欺です。安い値段で強引に品物を売らせる手口です。今年(2013年)、秋田市で26歳の男が特定商取引法違反で逮捕されました。古物商を名乗ったその男は、82歳の女性宅に上がり込んで、ネックレスなど3点をたった1万円で買い取りました。その際、本来は必要な売買契約解除の用紙、いわゆるクーリングオフの記載用紙を交付しなかった事から罪に問われたわけです。30万円の宝石がわずか1700円で押し買いされたケースも出ています」

【還付金詐欺】

   被害者宅に市役所の職員と名乗る男から電話があった。「医療機関で払い過ぎた料金を還付します」と言う。その代り「還付金なので金融機関では対応できない。市役所かコンビニのATMでやってもらいたい」という。被害者は言われた通りに出向き、携帯電話からの犯人の指示どうりATMを操作し、犯人の口座に100万円を振り込まされていた。

   井上「そもそも役所が電話で還付の話などしません。ポイントは一般の金融機関のATMを避ける点です。一般の金融機関は警察の監視の目が強化されているからです」

復興関連詐欺、福祉関連詐欺、新エネルギー関連詐欺…

【買え買え詐欺】

   井上「ある日、60代の女性宅に仏像のパンフレットが届きました。すると男性から電話があり、『仏像のパンフレットの90万円の物を買って欲しい。その代り、後日にプレミアを付けてわが社が買い取ります』というんです。心配していると、こんどは公共機関を名乗る男から『仏像商法が多いので注意して下さい』という電話がかかりました。被害者はそう言えばこの前こんな事があったと話すと、公共機関を名乗る男は『いやあの会社は大丈夫です』という。この一言で被害者は騙され、90万円の仏像を買わされたんです」

   新手の詐欺には未公開株詐欺、復興関連詐欺、福祉関連詐欺、新エネルギー関連詐欺など、まあ、性懲りもなくもっともらしい話を持ち込んでくる。世の中に「うまい話」などないと、肝に銘じておくことだ。

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中