AKB小森美果「どこへ行ってもやっていけるような気がします」脱退

印刷

   AKB48の小森美果(18)は「AKB48に入って辛いことや嬉しいこともたくさんありましたが、一緒に頑張ってきた仲間やファンは私の大きな財産です」と5月10日(2013年)のブログでグループ脱退を報告した。

   脱退理由は「1年ぐらい前から留学したいなと漠然と思ってました」という。過去3回の選抜総選挙では30、32、64位と順位を落としていたが、「私は中学2年生で地元愛知県から右も左もわからない状況でここまでやってこれたことは自信になっています。どこへ行ってもやっていけるような気がします」と強気だ。

   6月に予定されている総選挙には立候補しないと表明していた。これでAKBメンバーでの辞退者6人のうち、5人が脱退することとなった。

   また小森の熱狂的なファンとして知られるお笑いコンビ「カナリア」のボン溝黒は、「帰り道うまく帰れなかったや。道間違えたし。大人になってもこんな事になるなんて。ちぇ。ラーメン屋さんで写真を撮ってもらったのに、笑顔になるのが辛かった」とツイートしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中