<藁の盾 わらのたて>
「殺した人に10億円」ネット呼びかけ!カネに目眩んだ普通の人びと、凶悪殺人犯…どっちが狂気か

印刷
(C)木内一裕/講談社 (C)2013映画「藁の楯」製作委員会
(C)木内一裕/講談社 (C)2013映画「藁の楯」製作委員会

   「この男を殺して下さい。御礼として10億円お支払いします」という衝撃的な広告が全国紙に掲載された。掲載主は日本の財政界のトップに君臨する蜷川(山崎努)で、孫娘を殺害し逃亡中の清丸国秀(藤原竜也)を殺すために懸賞金をかけたのだった。

   この広告で、福岡に潜伏していた清丸はかくまってもらっていた人物に殺されそうになり、恐れをなして出頭してきた。警察は身柄を東京に護送すべく、警視庁警備部SPの銘苅(大沢たかお)と白岩(松嶋菜々子)ら5人の精鋭で護送チームを組織した。

   しかし、蜷川はなおもインターネットサイトで清丸の殺害を呼びかけ、懸賞金に目がくらんだ一般市民、ついには警察官や機動隊員までが護送を妨害しようとする。監督は「悪の教典」など話題作が続く三池崇史監督だ。

「悪」を守らなければならなくなったSPのジレンマ

   福岡・東京間の護送シーンは、台湾の新幹線や開通直前の高速道路で撮影された。派手な作りとスピード感でエンディングまでドキドキしながら見ることができた。とくに、懸賞金目当ての暴走トラックと永山絢斗演じる刑事の乱闘、西部警察を彷彿とさせる爆破シーンやアクションと見ごたえバッチリである。

   殺人犯がストーリーの中心となるのは前作「悪の教典」と共通しているが、今回はもっとはっきりと主題が打ち出され、銘苅や白岩など感情移入しやすい人物も登場するので多いに楽しめる。普段は政界の要人などを守るのが仕事のSPも、任務とあれば卑劣な殺人犯でも身を呈して守らねばならない。生かしておく価値はないと世間が判断したとしてもだ。その瞬間、彼らにとって世間は敵となる。善と悪の境界線は? 人間の尊厳とは? 銘苅と白岩にとって正しい答えとは何なのか。久々に映画館を出たあとまで、いい意味でモヤモヤさせられた映画だった。

   特筆すべきは清丸役の藤原竜也の演技だろう。幼い少女に性的暴行を加えて殺人を繰り返す清丸は、スクリーンの中で何度も「人間のクズ」呼ばわりされる。常軌を逸した狂気・凶悪さで最後にクズからモンスターへと昇華する。キャストが藤原竜也でなかったら、おそらくこうまで衝撃を受けなかっただろう。

バード

おススメ度:☆☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中