森三中・大島美幸「24時間マラソン」決定!減量間に合わず「初の途中断念」か?

印刷

   お笑い芸人・森三中の大島美幸が恒例の日本テレビ「24時間テレビ」で、24時間走り抜くチャリティーマラソンにランナーとして出演することになった。これまでの歴代女性ランナー7人の中で最も体重のある88キロ、体脂肪率が約45%という33歳の大島が、あと3か月でどこまで走れる身体になるか。

ランニングトレーニングの前に3か月で15キロ減量

   「高校までバスケ部にいてそれなりに運動をやってきたけど、芸能界入りしてふしだらな生活、いや不規則な生活で食っちゃ寝、歩きたくないのダメ人間だった」

無理でしょう

   こう告白する大島が、なぜ向こう見ずともいえる24時間マラソンに挑むことになったのか。動機は「もしかして走れるんじゃないかなというかすかな希望を胸に好奇心というか…。何の根拠もないけれど、やってやろうじゃないの!」だったという。

   では、どんなトレーニングが待っているのか。24時間マラソンの坂本雄二トレーナーが課した課題は3つだ。まず食事メニュー。野菜中心の食事で菓子類はダメ。午後9時以降の食事は禁止。大島は体脂肪が邪魔しているのとからだが硬いために、同時にストレッチからの体づくり。体重を15キロ減らし73キロに落とすのが目標だが、これらで基礎体力をつけ、ようやく本格的なランニングのトレーニングに入る。3か月で間に合うのか。

周囲はただ苦笑するのみ。「がんばれ」の声なし

   司会の加藤浩次「ムリですね。初めてだと思います、24時間マラソン断念。月5キロの減量ですもの」

   プロテニスプレヤーの杉山愛も「体重落とさないとダメですよね。しっかり食べて体力をつけて、運動して徐々に落としていかないと」と心配顔で話す。

   本人は周囲へ「頑張りますので応援を」と言うが、「根性があるから大丈夫」などとお世辞でも激励してくれる声はなし。ただ笑うのみだった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中