伝説になった!宮沢りえの「おのれナポレオン」2日間で自分のものにしてしまう凄さ

印刷

   心筋梗塞でヒロインの天海祐希が降板した「おのれナポレオン」(三谷幸喜 作・演出)がきのう12日(2013年5月)、宮沢りえの代役で千秋楽を迎えた。代役ステージは10日からの計4回だったが、初めから完璧と評判を呼び、この日は「宮沢デー」になった。

軽妙なアドリブ「役者って1日か2日でうまくなるの?」「とりあえずやってみましょう」

   開演は午後2時というのに、東京芸術劇場前には午前8時半には当日券を求めて100人以上が並んだ。午前9時には300人になった。最前列の男性は午前5時に来たと話す。「きのうダメだったのでリベンジ」という。

私だって俳優…

   宮沢は天海が降板を発表した8日に台本を受け取って稽古を開始した。頼んだのは主演の野田秀樹(57)だった。野田が演じるナポレオンの愛人アルヴィーヌ役が宮沢で、愛人時代と20年後の酒場の女主人を演じる。セリフは130を超え、しかも長い。これを彼女はノーミスでやってのけたという。

   代役をくすぐるアドリブもあって、ナポレオンに寸劇を見せるシーンで、夫との間で「せりふははいってるわよね」「お前にいわれたくないよ」とか、「役者って、稽古すれば1日か2日でうまくなるものなの?」「とりあえずやってみましょう」てな具合。大ウケだったという。

   終わって観客は総立ち、拍手は5分間鳴り止まなかった。観客は「完璧ですよ」「2日でこんなふうにできるんだなって」「見に来られて幸せ」と宮沢に酔っている。 「りえちゃんのは全部(4回)見ました。天海さんは男らしくて、りえちゃんは全然違うけど、彼女なりのものになっていた。さすが。伝説の舞台だね」なんて話す人もいた。

三谷幸喜「宮沢さんに今回のお礼に芝居を書く」

   野田は「わずか2日間の稽古で舞台に立つことを英断してくれた男らしさに感謝します」とファクスでコメントした。作・演出の三谷幸喜 (51)も「ボクにできることは、天海さんと必ずまた舞台をやること。宮沢さんに今回のお礼に芝居を書くこと、それくらいしか思いつきません」と満足げだ。

   司会・羽鳥慎一が「宮沢りえさん、すごいですね。できるもんなんですか。石原産も俳優さんですよね」

   石原良純(タレント)「おい、なんといういい方だ(笑い)。宮沢さんもすごいし、せりふも手直しされてるでしょうし、周りの役者さんも力があるからできることですよね。両方を見られた観客はまたとないものだったんじゃないかな」

   羽鳥「1人が伝説の舞台といってた。これは残りますよ」

   石原「空気感があって、登場人物にならないといけない。天海さんとは違うものを演じるのは力です。いい解説でしょ」

   羽鳥「ちょっと役者ですね」

   石原「うるさい!」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中