2018年 7月 21日 (土)

埼玉県警また後手!「殺人予告男」帰宅させた直後に隣の主婦刺傷

印刷

   またも繰り返された「後の祭り」だ。埼玉県さいたま市で「人を殺してしまうかもしれない」と殺人予告をしてきた男を、警察は「危険性はない」として帰したところ、実際に事件が起き、隣家の女性が背中を刺される重傷を負った。事前に防げなかったのか。

「殺してしまうかもしれない。留置場に入れてほしい」

   連休最後の今月6日(2013年5月)午後0時15分ごろ、埼玉県警大宮西署にさいたま市西区の無職・佐藤武広容疑者(61)が、女性(60)の名前をあげながら「殺してしまうかもしれない。留置場に入れてほしい」と訴えてきた。警察は2時間ほど話を聞いたが、態度や口ぶりから危険性はないと判断し、親族に引き渡した。それから2時間半後に佐藤は自宅から包丁を持ち出し、隣家に侵入して女性を刺した。佐藤は殺人未遂容疑で逮捕された。

事件起きてから…

   近所の人の話では、佐藤は15年前に両親が亡くなってからは1人暮らし。雨戸はいつも閉め切った状態で、定年後は自宅にこもり小説を書いているといっていたという。被害者の夫によると、普通の近所付き合いだったが、先月から様子がおかしかった。「低周波が襲ってくる。ものすごい音がする。この音が聞こえないか」などといって頻繁に訪れるようになった。「お宅の奥さんが悪口を言っている」とも話していた。

   事件当日の午前中もやってきた。いつもと顔付きが変わっていて、「ものすごい目つきをして、人を殺すかもしれないといったんですよ」と夫は語る。佐藤はその後に警察に行ったわけだが、警察と対応した時は興奮が冷めて落ち着いていたのかもしれない。夫は「なぜ止めておいてくれなかったのか。注意喚起したり、(警察が)ここへ来てくれていたら、こういう事件にはならなかった」と警察の対応に不満を述べる。

なぜ被害者宅に連絡せず、精神科にも受診させなかったのか

   司会の小倉智昭「警察は事件が起きてから動くので、どう対処したらいか困惑したでしょうね」

   リポーターの岸本哲也「事件までの経緯と当日の容疑者の言動をみますと、警察の判断が正しいかったかどうかと思うところがあります。隣家へ情報を伝えておらず、身辺警護もしていなかったことが悔やまれます」

   小倉「容疑者は誰かに止めてもらいたかったのではないかと思うのですが」

   コメンテーターの宋美玄(産婦人科医)「警察も対応が難しかったかもしれませんが、精神科医を紹介するとか、精神科に診てもらう必要はあったと思いますね」

   埼玉県警は桶川ストーカー殺人など、被害を訴えても対応が遅いことが多い。県警は検討委員会を設け問題点を調査するというが、言い訳に終わることのないよう祈りたいものだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中