10年監禁女性発見のラムジーさん大人気。エディー・マーフィー似で動画再生1000万回

印刷

   オハイオ州の住宅に拘束監禁され、性的暴力を受けていた3人の女性が10年ぶりに救い出されるというオゾましい事件で、被害者のアマンダ・ベリーさんの悲鳴を聞きつけ、ドアを蹴破って彼女を救い出した近所に住む男性チャールズ・ラムジーさん(43)が大変な人気になっている。

ケータイに世界中から電話やメール殺到

   エディー・マーフィー似で、欠けた前歯とギョロ目という1度見たら忘れられないキャラで、「おい、白人のべっぴんのお姉ちゃんが、隣人の黒人に助けを求めて来るなんて、ただ事じゃねえってことさ!」と早口でまくしたてるインタビュー映像はYoutubeにアップされ、12日(2013年5月)現在で700万近い再生回数になっている。

   ラムジーさんがインタビューなかで何度も叫ぶ「デッド・ギブ・アウェイ(バレバレさ)」をもじって、ラップ風に編集した映像は1000万回近い再生数を記録している。ラムジーさんの警察への911コールもネット上にアップされ、その中でラムジーさんが警察に告げた自分の携帯番号には、世界中から電話とメッセージが届き続けているという。

「その時ブック・マック食べてたんだ」でマクドナルド社も接触

   ベリーさん救出時にラムジーさんが食べていたのが「ビック・マック」で、インタビューで「マクドナルド」と何度も口走ることから、ネットでは「彼に一生分のビッグマックを」「マックのコマーシャルに彼を起用するべき」という書き込みも目立つ。実際、マクドナルドはラムジーさんに接触する予定であるとツイッターで明かしている。

   一夜にして有名人になってしまったラムジーさんだが、仕事は週休269ドルのレストランの皿洗いで、ネットでは彼を賞賛する声に混じって、メディアに飽きられた後のラムジーさんを心配し、「彼を面白がるメディアにはゾッとする」「早く普通の生活に戻してあげるべきだ」などという声も出ている。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中