飯島勲「隠密訪朝」拉致問題進展に感触?「最後は金正恩・安倍会談」

印刷

   内閣官房参与の飯島勲氏がきのう14日(2013年5月)、突然ピョンヤンを訪問した。飯島は先月、テレビで「拉致問題 の進展」を語っていた。安倍訪朝の露払いなのかどうか。拉致問題への展望が期待される。安倍内閣のなんらかの密命を帯びていることは間違いない。

   きのう夕方、平壌国際空港についた飯島は、外務省アジア局のキム・チョルホ副局長(日本担当)に出迎えられた。ソン・イルホ国交正常化交渉担当大使の次のランクの人物で、専門家は「それなりの対応」という。朝鮮中央テレビも飯島の訪朝を伝えた。18日まで滞在するとされ、北朝鮮の首脳との会談もありうる。

小泉訪朝でも拉致被害者帰国の事前工作

   飯島は2002年と04年の小泉元首相の訪朝に政務秘書官として同行し、拉致被害者と家族の帰国に尽力した。安倍内閣でも総理に助言する知恵袋になっているが、拉致問題では先月、テレビ朝日のインタビューでこう話していた。

目的は何でしょうか
「融和の精神も必要だ。そういう意味で最後はトップ同士の会談ですから、金正恩第1書記と安倍総理の会談はやらなければいけない。そこはあることを期待したいです」

   拉致問題に希望がもてるということですか」と聞かれて、「そう思ってもらっていいんじゃないですか。無理しないで時期を見て進むと私は見ております。(被害者が) 帰ってくる帰ってこないじゃなくて、拉致問題に対しては進展するとみてもらっていいんじゃないでしょうか」とも語っている。

   言葉通りに受け止めれば、安倍が出かけていって、首脳会談して拉致問題を話し合うといっているわけだ。この日の空港到着の映像を北朝鮮が流したことも、北朝鮮の意図を感じさせる。飯島もメディアの姿に驚いた風が見られた。極秘のはずが北朝鮮がリークしたということなのだろうか。

   安倍はけさ15日(2013年5月)は記者団の問いかけには答えなかったが、2月の衆院本会議で「拉致被害者の家族が肉親を抱きしめる日が訪れるまで、私の使命は終わりません」と述べていた。果たしてその流れのなかにあるのかどうか。

北朝鮮が手詰まりのいまがチャンス。安倍内閣は参院選意識

   赤江珠緒キャスター「この訪朝の目的は何でしょうか」

   小此木政夫・九大特任教授は「拉致問題の進展としか考えられませんね。水面下の交渉もあったでしょう。飯島さんは2回目の訪朝(04 年)で家族の奪回を事前工作しています。その時の役割と似ていますね」

   赤江「タイミングとしては今ですか」

   小此木「ミサイルで成果があがらなかった。そのため、日本に道を開きたいのではないでしょうか。食料援助とかで。日本側は参院選を意識している。夏までに何らかのメドをつけて成果にしたというのがあるでしょう。北朝鮮にとっても、言葉は悪いが、いまが『高く売れる』ときなんです」

   小此木氏は飯島の「滞在5日間」は長いとみる。「実務者だけではなく、その上の政治家にも会えれば進展が期待できる」

   羽鳥慎一「進展というのは、どんなことですか」

   小此木「日本側は拉致被害者が何人かでも帰ってこないといけない。まとまるかどうかはきびしいが、やってみないとわからない」

   萩谷順(法政大学教授・ジャーナリスト)「アメリカ、韓国は驚いていると思いますね。日本はガラパゴスといわれているが、拉致問題では交渉する正統性があることを示した。外交的に強いカードを持った。が、冒険でもある。三振かホームランかです」

   飯島の不敵な面構えは、どうやらこの任にふさわしく見える。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中