介護サービスが切り捨てられる!要支援1・2を地方自治体に移管

印刷
「私は足や腰が痛くて歩けない。だから、買い物にも出られない。なのに、国は私たちのような高齢者を介護保険から切り離し、市町村に任せようとしている。いったい何を考えているのか」

   介護保険は要支援1から要介護5までの7段階に分けられ、要支援1と認定された吉田壽さん(89歳)はこう怒っている。厚生労働省は介護の必要度が低い要支援1と2に認定された人向けのサービスを、将来は介護保険制度から切り離そうと動き始めた。

団塊世代高齢化で介護費用3倍増

   団塊の世代が75歳以上になる2025年には、高齢者の数は3600万人以上になる見通しだ。このため、厚労省は要支援1と2の人向けのサービスは市町村など自治体に移管する方向で検討するという。社会保障学者の結城康博(淑徳大学教授)は「それらのサービスを全面的に市町村の事業にしたら、週2回のヘルパーの訪問だったのが週1回に減るなどサービスの低下が起きるかもしれません」と危惧する。松嶋博子TBS解説委員はこう説明する。

地域で格差
「現在、要支援1と2の対象になっているのは約150万人で、そのための介護費用が4200億円。介護費用全体の5%です。平成22年度の介護費用は7.8兆円でしたが、これが37年度には21兆円になると見られています。このため、重度の人向けのサービス財源を確保するため、要支援1と2は市町村の事業にしようとしています」

押しつけられる市町村いよいよ財政難

   司会のみのもんた「市町村の財政事情はそれぞれ違う。豊かな市町村もあれば、苦難に陥っている所もある。そうした中で、これまで通りの同じサービスが受けられるのだろでしょうか」

   松嶋「結城先生はサービス低下などにより、症状の悪化など負の連鎖が始まるかもしれないと話しています。市町村の違いによってサービスに格差が生まれるかもしれないとも指摘しています」

   間違いなく、大阪市などは介護サービスが切り捨てられていくな。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中