<今週のワイドショー>橋下大阪市長「慰安婦・風俗発言」凍りついた朝ワイド―とても擁護できない

印刷

   どちらかといえば、橋下徹大阪市長の言動を面白がって好意的に取り上げてきたワイドショーだったが、今回ばかりは言葉を失った。「慰安婦制度は必要だった」「米兵に風俗業を活用させろ」という発言には何の説得力もないし、「ああ、また言っちゃった」というレベルの話でもないからだ。とくに、女性の視聴者の多い朝のワイドショーは猛反発した。

   「語るに落ちた橋下市長『慰安婦必要論』女性の人権に無頓着」(TBS系「朝ズバッ!」)、「橋下市長『慰安婦必要だった。誰でもわかる』いや、ちっともわからん暴論の真意」(テレビ朝日系「モーニングバード!」)、「橋下大阪市長めげずに強気!自宅にこもってツイッター反論54回」(フジテレビ系「とくダネ!」)と手厳しかった。

   しかし、総スカンを食らったのに気づいたのか、橋下市長も発言を修正しはじめて、「橋下徹ナマ出演『日本のやったことはお詫び』微妙に変わってきた発言」(「とくダネ!」)となったが、時すでに遅しで、どうやらこの発言は橋下市長にとって致命傷になりそうだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中