タイガースの素浪人・下柳剛NHKに媚びるな!野球盤弾いてチンタラトーク悲しい
<サンデースポーツ>(NHK総合)

印刷

   NHKはなにか考え違いをしていないか。火曜日からのプロ野球セ・パ交流戦を前にして、この日3人の解説者(田口壮、小久保裕紀、下柳剛)が各球団の戦力分析を行ったのであるが、なぜか3人の前に子供のおもちゃの野球盤が置いてある。それを使って実際に球をはじいてゲームで遊ぶごとき演出をして見せたである。バカか。

   プロ野球ファンはショーアップやゲーム感覚の取入れなどは全く望んでいない。プロフェッショナルだった元一流選手たちの、素人が気が付かない見方や采配の妙、あるいは面白いエピソードなど、プロとしての解説を聞きたいのであって、野球盤を弾きながらのチンタラトークなど見たくもないのである。シリアスに語れ!

   驚いたのは下柳。彼は使い物にならなくなったのに大リーグまで行って、テストに受からず、恥さらしもいいとこだった。何時の間にNHKの解説にもぐり込んだのか。長く阪神タイガースに在籍していた頃、我が家では下柳の事を「傘はり浪人」と綽名していた。侘しい裏店で、食い詰めて、蛇の目傘の油紙で傘はりの内職をして糊口をしのぐ素浪人の雰囲気があり、これは愛情を込めた揶揄であった。ニコニコと局に媚びて話したりされるとイメージが壊れる。セットアッパーのブスッとした顔で、相手バッターを抑えにかかっていたかつての素浪人は、そのまますぐにでも時代劇に使えそうだったのに、金のためとはいえ、こんな登場をするとは残念至極。(放送2013年5月12日22時~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中