「今でしょ」の林修先生「批判ありますが、テレビ出演は話術を磨く絶好の場」

印刷

   「いつやるか?今でしょ」でおなじみの予備校講師、林修さん(47)はテレビ出演が増えていることへの批判について、「トップの技術を備えた人たちのなかで、話術を磨く絶好の場」と5月19日(2013年)のブログで反論した。

   「テレビに出ることに関して批判的な意見があることは知っています」という。しかし「出していただくことには大きな意味があるんですよ」とメリットをいう。「『テレビに出たおかげで授業で話すのも上手くなった』とは、最近テレビ出演の増えた、数学の志田先生の言葉ですが、実はそうなんですよね」と同僚の言葉を引いて、本職にも還元されていると語る。

   競馬番組「うまズキッ!」(フジテレビ系)の収録後には、「まあまあ上手くコメントできたなと思った直後に、イマイチなコメントをしてしまって、帰りは反省を反芻することが多いのですが、昨日もそう」と振り返る。「もっと高いレベルで安定できるようにしなければ。やっぱり芸人さんたちは凄いんですよ」と共演者をたたえている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中