市川海老蔵「政府・クールジャパン戦略『舞台芸術総合監督』嬉しいです」

印刷

   市川海老蔵(35)が日本政府の進める「クールジャパン戦略」で「舞台芸術総合監督」に就任すると5月18日(2013年)のブログで発表した。「クールジャパン戦略」とは日本文化を海外へ売り込むもので、海老蔵は「発表します。たいしたことなかったらごめんね笑 俺にとってすごい事、ありがたい事、嬉しい事です」と前置きしながら、「クールジャパン戦略の中で舞台芸術総合監督に就任させていただくはこびとなりました」と報告している。

   「日本の伝統文化を海外でより広めていく企画の中で白羽の矢」が立ったといい、「更にクールジャパンのプロデュースもお任せされまして、身の引き締まる思い」だという。具体的な「監督」の役割は不明だが、舞台芸術に限らず「クールジャパン戦略」全体に関わるのだろうか。

   「この上は、更なる精進を重ね日本の文化を守り、日本での活動も邁進させ、海外へと日本の文化を発信し、我が国 日本の素晴らしさを様々な国の方々に理解し楽しんでいただけるように務めて参ります」と決意を述べ、クールジャパンのひとつ「歌舞伎」の役者として「十一代目 市川 海老蔵」の署名で締めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中