乙武洋匡「銀座レストラン入店拒否」騒動!車いす手伝う通行人いなかったのか…

印刷

   予約していた銀座のレストランに入ろうとしたところ、車いすだからと拒否されたという『五体不満足』の著者の乙武洋匡さん(37)のツイートが物議を醸している。先週土曜日の18日(2013年5月)に書き込まれた内容はこうだ。

「今日は、銀座で夕食のはずだった。評判よさそうだったので、楽しみに予約しておいた。が、到着してみると、車いすだからと入店拒否された。『車いすなら、事前に言っておくのが常識だ』『ほかのお客様の迷惑になる』――こんな経験初めてだ」

ネット炎上続いているが、「事前連絡」で双方和解

   乙武が知人女性と訪れたのは人気のイタリア料理店だった。雑居ビルの2階にあり、急な階段を上がらなければ店に入れない。エレベーターはあるが2階には止まらない。そのことはホームページに書いてあるという。「ちょっと下まで降りてきて、抱えていただくことは」と言ったところ、返事は「忙しいから無理」だった。

日本は努力目標

   この書き込みにネットは炎上した。「銀座に店構えてるからって調子にのんな」「今時バリアフリーにするのが常識ですよね」と店を批判するものから、「事前に伝えなかった乙武氏にも落ち度がある。店だけを責めるのは筋違い」「まえもって連絡があれば、十分なサービスが提供できたはず」と乙武に対する批判も多数寄せられた。

   店長は「事前にわかっておれば対応させていただきました」とツイッターで今回の対応を謝罪し、乙武も次回からは車いすであることを事前に連絡するとして双方は和解したが、ネットでは炎上が続いている。

アメリカでは営業許可取り消され罰金5万5000ドル

   コメンテーターの宋美玄(産婦人科医)は「これが欧米なら通行人が手伝う」という。キャスターの笠井信輔がアメリカのアメリカ障害者法を紹介した。「それは、『1990年以降にできたあらゆる施設で障害者の利用が制限されることを違法行為とする』というものです。違反すると、営業許可が下りなくなり、罰金も1回目は最高で5万5000ドル、2回目以降になると最高11万ドル課せられます。

   一方、日本は2006年にバリアフリー法が施行されましたが、公共機関や建築物のバリアフリー化を推進するという努力目標にとどまっています」

   ただ、国際ジャーナリストの竹田圭吾が指摘したように、それぞれに国情があり、外国のルールを日本に当てはめればいいというわけでもないだろう。最後にキャスターの菊川怜がいった。「お互いの謙虚な気持ちも大切ですよね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中