フジいまや売り物は「踊る新社長サン」!?亀山千広会見ライバルTV局も異例の取材

印刷

   フジテレビの次期社長に決まっている亀山千広常務(56)は20日(2013年5月)に記者会見し、年間視聴率3冠を日本テレビに奪われ、テレビ朝日にも抜かれて転落している現状について、「『踊る新社長』といわれていますが、踊っている場合ではありません。走ります」と語った。亀山はドラマ「踊る大捜査線」シリーズなどをヒットさせた元プロデューサーだ。

   会見には日テレ、テレ朝のテレビカメラもいて、テレビ局がライバル局の次期社長の取材をするのは異例だという。それだけ話題性のある名物プロデューサーだったということもあるだろうけれど、売り物は新社長くらいしかなくなったフジがこれからどう立て直すつもりなのか、まずは敵情視察といったところか。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中