2018年 7月 20日 (金)

フジいまや売り物は「踊る新社長サン」!?亀山千広会見ライバルTV局も異例の取材

印刷

   フジテレビの次期社長に決まっている亀山千広常務(56)は20日(2013年5月)に記者会見し、年間視聴率3冠を日本テレビに奪われ、テレビ朝日にも抜かれて転落している現状について、「『踊る新社長』といわれていますが、踊っている場合ではありません。走ります」と語った。亀山はドラマ「踊る大捜査線」シリーズなどをヒットさせた元プロデューサーだ。

   会見には日テレ、テレ朝のテレビカメラもいて、テレビ局がライバル局の次期社長の取材をするのは異例だという。それだけ話題性のある名物プロデューサーだったということもあるだろうけれど、売り物は新社長くらいしかなくなったフジがこれからどう立て直すつもりなのか、まずは敵情視察といったところか。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中