2018年 7月 23日 (月)

男性30%「プロポーズの言葉なし」私はこう申し込まれたい!女子アナ大盛り上がり

印刷

   リクルートの調査によると、去年結婚したカップルのうち、30%の男性が「プロポーズの言葉なし」、逆に80%の女性が「プロポーズして欲しかった」と考えているという。けさ22日(2013年5月)の「朝刊Y-1(ヨシわん)」コーナーで取り上げた。コーナーの切りまわし役・吉田明生アナがスタジオの女性出演者に「どんなプロポーズをして欲しいか」を聞いたところ、女子アナや女性コメンテーターたちがいきなり盛り上がった。

「オレに付いて来い。付いて来ないならオレが付いていく」それってリクルートのCMでしょ

   コメンテーターの逢坂ユリ(資産運用コンサルタント)は「私は言葉より行動の方が大事だと思いますが、あえて言うなら『一緒にいよう♪』ですかね。言われる方も照れくさいですからね」

何て言ったかな

   高畑百合子アナ「私はシンプルにコレですね。『結婚しよう……!』。大事なのはこの『……!』。思いつめた感じが大事なんです」

   これを引き取って、吉田が「ここに『大切にするよ』という言葉が詰まってるんですか?」とまぜっかえすと、高畑は「そういう言葉はなくていいです。シンプルに。これ以外の言葉を言われても、私はプロポーズだと気づかないです」とよくわからん。

   小林悠アナ「オレについて来い。ついてこないなら、オレがキミについていく」と軽くギャグを飛ばしたつもりが、ここでちょっとしたハプニング。実はこれ、リクルートの関連会社が発行する結婚情報誌「ゼクシィ」のCMで使われているセリフなのだ。画面にドアップで登場したザキヤマが「ボクについて来い。ついて来ないなら、ボクがついて行きます」とやっている。

   小林「えーっ、好きになっちゃう」

   岡安弥生キャスター「私はもう言葉はなんでもいいんです。シチュエーション重視。ひざまづいて。外国映画みたいなの」

   吉田がいきなり「みのさんはなんと言ったんですか」と、司会のみのもんたに振った。いつもはギャグ混じりで饒舌なみのが驚いた表情で、「え、なんて言ったかな。………」と言葉を濁した。昨年5月(2012年)にがんで奥さんの靖子さんを亡くしたばかりだもの。吉田アナちょっと無神経だよ。

(ヤスベエ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中