2020年 9月 18日 (金)

橋下大阪市長もう支離滅裂!「自民党が言わないから自分が言った」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   しゃべればしゃべるほどドツボにはまっていく橋下大阪市長の「攻撃」が、お得意のマスメディアに向けられてきた。毎日新聞が橋下の過去の発言を引用して、「言っていることが矛楯している」と報じたのに対し、きのう21日午前(2013年5月)の会見で「過去のことを蒸し批判するとは許されない」と反論し、毎日新聞記者を無能、毎日新聞を馬鹿な新聞とこき下ろした。しかし、午後の大阪市議会では「無反省」ぶりが槍玉に挙がった。

自民党市議「すぐ人のせいにする。何様だと思っているのか」

   自民党の木下吉信市議が「今回の発言で世間を騒がせているばかりか、海外からも批判の声が上がっている。しかし、謝罪の言葉はいまだに一言もない。自分を何様と思っているのか」と追及すると、橋下は「本来ならば自民党がやらねばならなかったこと。やらないから自分が発言した」と支離滅裂だ。木下市議は「あなたはふた言目には人のせいや他の外国がと話す。何を基準にそういうことを言っているのか」とたたみかけると、「自分の信念に基づいて発言している」と開き直った。

もう辟易…

   田中大貴リポーターは「これまで協力関係にあったみんなの党が関係解消を決定しました。夏の参議院選挙で25の選挙区で選挙協力の話が進められていて、2人区の10選挙区のうち7選挙区が維新の会、残り3選挙区がみんなの党と予定されていました。これらがすべてダメになりました」と伝える。

文   ナオジン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中