メンタリストDaiGo「パフォーマーからタレント、コメンテーター…ある意味『転職』に成功した」

印刷

   メンタリストのDaiGo(26)が「失敗しない転職」について5月22日(2013年)のブログで語った。18日に彼を特集したテレビ番組が放送されてから、転職の相談が舞い込んでいるそうだ。一連の「転職」騒動について「お騒がせしました」と謝罪しつつ、彼の「転職」論を述べている。

   DaiGoは「仕事の内容の変化、リブランディングという意味では、2度、転職している」という。フォーク曲げなどのパフォーマンスを行う「パフォーマー」から、バラエティやクイズ番組での「タレント」、そして昨年末からは「トークを中心とした知識提供」が注目され、いまはパフォーマンスを行わずトーク中心の「コメンテーター」が職業だという。

   転職は「やめたいから辞めるのではなく、やりたいから辞める」ことが重要で、「新しいことを始めたい」と思うことが大事だと話す。DaiGo自身も昨年末の「引退」発言から仕事が減り「正直、不安になった」というが、「やりたいことをやりたい、新しいことにチャレンジしたい」と思うことで、結果として「ある意味、『転職』に成功したわけですね」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中