いい人キャラ草彅剛のひねたハグレ者おもしろい!冤罪でムショ暮らし10年の刑事 好演
<スペシャリスト>(テレビ朝日系)

印刷

   抱腹絶倒の面白い刑事ものドラマだった。冤罪で10年も刑務所入りを余儀なくされて、出てきてからは孤独に生きねばならぬ元受刑者の話と聞けば、くらーく哀しい内容かと思っていたら、さにあらず。あの、「いい人。」をいつも演じている草彅剛が、ひねたハグレ者にして記憶力抜群、少々小意地も悪い番外地刑事を好演する。
   10年前に大怪我させられた意識不明の被害者のそばに、倒れていた刑事の宅間善人(草彅剛)は犯人として逮捕される。妻子は去り、収監される。ところが眠り続けていた被害者が10年ぶりにパッチリと目を開けて、宅間が犯人ではないと証言したので善人は釈放される。だが、これは京都府警にとって都合の悪い誤認逮捕だったので、スペシャルチームと聞こえはいいが、実は外部に向かってものを言わさないように押し込める、組織のいやらしい部署に復職する。
   受刑中に犯人側からの見方や論理を体得した宅間は、府警内で起きた4つの凶悪事件が繋がっていると喝破する。オバサン刑事の姉小路千波(南果歩)らと共に鮮やかに解決するのである。脚本(戸田山雅司)のうまいところは、この10年で飛躍的に変わったサイバー環境だ。宅間は未経験であるはずのネット社会の犯罪も、独特の犯罪心理に対するデータや想像力を駆使して的中させる。草彅が演じることによって視聴者の反感を買わない。10年前の真犯人を見つけるために、これは多分続編が作られるはず。大いに期待できる。(放送2013年5月18日21時~)

(黄蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中