これだからセ・パ交流戦はたまらん!断トツ巨人がドンペコ日ハムに連敗…珍説「ススキノで遊び過ぎ」
<セ・パ交流戦 日ハム×巨人>(テレビ朝日系・NHKBS1)

印刷

「プロ野球 セ・パ交流戦~札幌ドーム 日本ハム×巨人」(テレビ朝日)2013年5月19日19時56分~
「プロ野球 セ・パ交流戦~札幌ドーム 日本ハム×巨人」(NHKBS1)2013年5月20日18時~

   交流戦の面白いところがモロに出た。巨人ファンには申し訳ないが、セ・リーグで断トツ1位の巨人が、パ・リーグでドンペコでビリの日本ハムに連敗するとは!だから、交流戦の存在意義があるのである。しかも、20日の試合では、巨人のピッチャーがエースの杉内投手、日ハムのピッチャーが元巨人の木佐貫投手で、加えて木佐貫の全球団勝利というおまけつき。
   木佐貫は巨人時代からひょろひょろと自信なさそうで、日陰のもやしみたいだった。球団を渡り歩いて苦労したのだナ。ピンチにも動じなかったように見えていたが、翌日の新聞を読むと、数日前から緊張して胃が痛かったのだそうだ。また、セーブを取ったクローザーの武田久が、日頃は物静かそうな顔をしているのに、最後のアウトを取った時に控えめにガッツポーズをしたのが印象的だった。
   19日の試合では、巨人の内海投手のボロボロぶり、顔は平気を装っていたが、野手にも足を引っ張られて信じられない失点だ。筆者と贔屓チームでバトルをしている知人の巨人マニアが言っていた。「札幌は鬼門、何故なら、ススキノの歓楽街が美味しすぎて、多分前日に羽目外したんだろう」だって。事実に反していたらゴメン。
   スカパーに契約していなくても近頃はBSや昔のUチャンネルなどでプロ野球が見られる。つまり、地デジが余りにもくだらないので、視聴者がライブ放送の面白さに帰りつつあるのかもしれない。

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中