三浦雄一郎「次は85歳のエベレスト登頂」?81歳登山家に記録破られそう

印刷

   80歳7か月の冒険家、三浦雄一郎がエベレスト登頂に成功し、最高齢登頂記録を更新した。東京の事務所を守る長女、恵美里さんに届いた登頂成功の第一声は「人生最高の幸せです。80歳でもまだまだいける」だった。

「80歳でエベレストの頂に着くとは人生最高の幸せです」

   天候に恵まれ体調も良好だった21日(2013年5月)の7906メートルのキャンプ地では、「もう元気いっぱい。手巻ずしをやろうと、すし米を混ぜています」と順調そうに語っていた。ところが、翌日は悪天候に見舞われた。「雪がだいぶ積もっていてアリ地獄状態で非常に苦しい」と、今までにないへとへと状態だったようだ。難関を乗り越え「やっと(8500メートルの)キャンプ地にたどり着いて、「世界最高所でお茶会をやりました」と伝えた。

3つの凄さ

   そして23日午前2時15分、最終アタック開始だ。約7時間かけて午前9時(日本時間午後0時15分)世界最高峰8848メートルに立った。

   事務所に最初に連絡してきたのは同行した二男の豪太さんだった。「着いたよ」。続いて三浦が次のような第一声を送ってきた。「80歳でエベレストの頂に着くとは人生最高の幸せです。多分、親子同時2度目の登頂は世界で初めてだと思います」

長女「父は次を胸に秘めベースキャンプに帰ってきますよ」

   妻の朋子さんが「もうこれでないと思いますので、よろしくお願いします」とクギを刺したが、長女の予感は違った。「母はこれでないと言いましたが、父は絶対に次を胸に秘め、ニコニコしながらベースキャンプに帰ってきますよ」

   現在、ベースキャンプ地点では81歳の外国人登山家が登頂へ向けてトレーニング中だという。三浦があす25日にベースキャンプに戻った時にそれを知れば、85歳に向けさらに闘争心が湧いてくるかもしれない。

   キャスターのテリー伊藤「3つのすごさがあると思いますね。80歳になっても行きたいという気力、それに見合う体力作り、何年もかかって毎日努力している姿を見て、だったら資金を出そうという人が大勢いるということです。そして家族のサポート。国民栄誉賞をあげてもいいですね」

   この男はすぐ国民栄誉賞だ。三浦親子は6月上旬に帰国の予定だ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中