クリス松村「痴漢に何度もあっています。でも、男だからかえって声出せない」

印刷

   お姉タレントのクリス松村は「実は、痴漢は何度もあっています」と5月24日(2013年)のブログで告白した。初めて痴漢にあったのは中学生の時で、塾の帰りの電車の中だったという。「若くてウブだと驚くばかりで何も出来ないんですよね。真っ白になってしまったというか、金縛りにあったようになってしまって…」と振り返る。

   混んでいるときに限らず、空いている車内でも被害にあったことがあるという。「あとね…あえて言いますが、チカンって男性だけではない…ってことも申し上げておきます」という。

   痴漢にあった時は腕をつかむなど、何か行動をするべきだとして、「私の場合は…自分が男性だったので、逆に恥ずかしくて一度もその場でまわりに助けを求めたことはありませんでしたが、皆様はもしチカンに出くわしたら、勇気を出して撃退してください!」と呼びかけた。

   「Rの法則」(NHK、5月23日放送)でも痴漢被害について話しており、「番組でも提案しましたが、おネエポリスが電車や駅にいたら、女性は言いやすいような気がしますが…いかがですか(笑)」と車内などにお姉の警備員の設置を提案している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中