<永沢君>
よくぞ集めたり激似キャラ!それだけで笑える劇団ひとり永沢君、はんにゃ金田の藤木君、大島美幸の小杉君…

印刷

   深夜のミニドラマ「永沢君」(関東ローカル)が筆者の周りでアツい。ここ最近、各キー局が23時台のドラマに力を入れているのはご存じの通りで、この4月(2013年)からも「でたらめヒーロー」(日本テレビ系・木曜)、「お天気お姉さん」(テレビ朝日系・金曜)、「間違われちゃった男」(フジテレビ系・土曜)と、週後半にかけて深夜ドラマが目白押しなのだが、そんな中、TBSはなんと月~木曜で5分間の帯ドラマ(ドラマ部分は正味1分)、しかも、さくらももこ原作の「永沢君」とかなり意表をつくチョイスをしてきた。これがかなり面白く、「きのう見た?」と友人や同僚の間でよく話題になっているのだ。

火曜だけ登場の「ニセ永沢君」は…エッ、あの人なの!?

   永沢君は「ちびまる子ちゃん」でおなじみのタマネギ頭の毒舌キャラクターで、「永沢君」は彼を主人公とした中学時代が描かれている。まる子やたまちゃんはいっさい登場せず、永沢君の親友で卑怯者の藤木君や、愚鈍な男友達・小杉君などが脇を固める。「ちびまる子ちゃん」とはかなりテイストの違うシュールな内容だ。

   驚いたのはその完璧な配役である。原作のキャラクターがかなりインパクトがあるだけに、どんな役者が登場するのかと楽しみだったが、永沢君に劇団ひとり、藤木君ははんにゃ・金田哲、花輪クンはウエンツ瑛士、小杉君は森三中・大島美幸、野口さんはハリセンボン・箕輪はるか、城ヶ崎姫子は皆藤愛子と、よくぞここまで似た役者(ほとんど芸人)を集めてきたものだと感心してしまう。なぜか火曜日だけは永沢君がニセ永沢君になり、エコノミストの森永卓郎がタマネギ頭の着ぐるみで永沢君に成り代わる。

下ネタ、ブラックユーモアありの大人の1分間コント

   5月20日(月)の放送では、不良の平井君(バッドボーイズ・佐田正樹)に「ズボンを脱げ」と脅され、藤木君はこわごわズボンをおろすのだが、永沢君はなぜかパンツまでおろして大事なモノがポロリ。5月21日(火)の放送は学級会で藤木君が「毎週火曜日だけ永沢君が別人だ!」と提議するのだが、クラス全員から総スカンを食う。それでも食い下がり、「永沢君はこの時間、TBSに出られない大人の事情があるんだっ!」と舞台裏をさらすひと言を叫ぶ。

   下ネタあり、ブラックユーモアありで、まるでコントを見ているような展開である。もはや原作の枠すら突き抜けて、このシュールさこそ永沢君ワールドなのだ。TBSの公式ホームページによると、今後は永沢君よりさらに濃いキャラクターで知られるゲヘ役に出川哲朗、カツヤン役にロバート・秋山竜二が扮するほか、俳優の遠藤憲一や女芸人・渡辺直美らの出演もありそうだ。今後の展開もズバリ見逃せないでしょう!

(TBS系 毎週月~木曜深夜11時53分)

バード

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中