2021年 1月 18日 (月)

橋下市長に外国人記者ドッチラケ「会見じゃないショーだよ。メディア利用に長けているね」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   きのう27日(2013年5月)に、日本維新の会共同代表の橋下大阪市長は日本外国特派員協会で、内外の記者に「慰安婦・風俗発言」の説明と撤回を行ったが、どこまで納得されたのだろう。海外メディアの反応は冷淡だった。

見透かされた強弁とすり替え「自分の意見を正当化しようとしただけ」

   橋下は会見の冒頭で、従軍慰安婦発言については「私の発言の真意を日本のメディアに理解されず、その一部だけが切り取られ世界中を駆け巡った」と、メディアの半ば意図的な誤報だと主張した。沖縄米軍司令官に対し兵士の行動を抑制するため風俗を活用するようすすめたことについては、「米軍および米国民に多大なご迷惑をかけてしまった。発言を取り消すと共に謝罪します」と語った。

しゃべるほど泥沼

   司会のみのもんた「どうして今ごろになって誤報と言い出したのだろう」

   コメンテーターの杉尾秀哉(TBS解説委員室長)「何をもって誤報としているのか。その根拠を示して欲しいですよね。でも、彼はそれについて何も語っていない。彼の発言には問題のすり替えや責任転嫁が多い」

   三屋裕子(スポーツプロデュサー)も「橋下さんはもうしゃべらない方がいいですよ。しゃべればしゃべるほど泥沼にはまっていく」と眉をひそめる。

   潟永秀一郎(「サンデー毎日」編集長)「政治家としての発言が、どれほどの重みを持っているのかをわかっているのでしょうか。彼はやんちゃというイメージでこれまで受け入れられ、維新の会を支えてきた。しかし、そのイメージも今回の問題で崩れつつある。維新の会への支持率はどんどん下がっており、これから厳しい状況に置かれるでしょう」

文   ナオジン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中