三浦雄一郎ナマ出演「きょうも片足2キロの靴」帰国したばっかりでもうこの元気

印刷

   80歳という最高齢でエベレストに登頂した三浦雄一郎氏がけさ30日(2013年5月)の「朝ズバッ!」に、終始付き添っていた息子の豪太さんと生出演した。三浦がスタジオに入ってくると、司会のみのもんたが満面の笑みで花束を渡す。三浦は「エベレストに登っている途中の8500メートル付近で、みのさんからの電話インタビューが入りましたよね。あの声はしっかり聞こえました」と話す。

「エベレスト3回目。やっぱり今回が一番キツかったですね」

   三浦はこれまで4度にわたる不整脈手術を受けている。このため、登頂ではエベレストの麓で1か月半にわたる高地トレーニングで身体を慣らしていった。みのは「70歳、75歳、そして今回と3度目の登頂ですよね。どのときが一番きつかったですか」と尋ねると、三浦は「やはり今回ですね」という。豪太は「山頂でそれまで付けていた酸素マスクを外しました。その時間が予定をオーバーしてしまったのです」と説明した。

もうオモリ付けて!?

   コメンテーターの小松成美(ノンフィクション作家)「山頂の空気の薄さはどのぐらいなのですか」

   豪太「地上の3分の1です。このスタジオが山頂で、酸素マスクを付けていなければ、皆さんは5分で気を失い、死に至ることもあります」

実感こもっていた奥さんの「早く下りてきた方がいいですよ」

   北川正恭(早稲田大学大学院教授)は「お二人ともエベレストから帰ってきて、どちらが体力の回復が早いですか。やはり、息子さんですか」と聞くと、三浦は「元気そうに見えますが、身体の芯の疲れはまだ取れていません」と答えた。

   高畑百合子リポーター「三浦さんはきょうも、このスタジオに片足だけで2キロはある靴を履いていらっしゃいました」

   みの「えっ、きのう帰国して、きょうもう?。登頂に成功したとき、家族と衛星電話で話しをされましたよね。この時、奥さんは三浦さんに早く下りてこいと言っている。普通なら早く帰ってきてと言うものですが、今回の登頂に奥さんは反対しなかったのですか」

   三浦「反対されたら、僕は家出をしていましたね」

   この冒険しているのは山やスキーだけじゃなく、人生そのものなんだね。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中