2019年 2月 20日 (水)

橋下問責決議なぜ公明党ビビッた?出直し市長選チラつかされ腰砕け

印刷

   「公明党は最後でビビッたんやろう」「なんか腰砕けで情けないわ」と大阪市民はカメラに向かって冷ややかに語った。きのう30日(2013年5月)、大阪市議会の自民党、民主党系、共産党が提出した橋下徹大阪市長の問責決議が、公明党が一転反対に回って否決された。公明党は何を怖がったのか。

松井幹事長「参院選挙と同時選挙となる」

   田中大貴リポーター「公明党は橋下市政の与党ですが、問責決議案賛成を取り付け可決されると見られていました。ところが、松井一郎・日本維新の会幹事長(大阪府知事)の朝で急変しました」

どこが違うの

   松井は「問責は市長を辞めろと言っているのに等しい。そうなれば市長の出直し選挙となり、参院選挙と同時選挙となる」と恫喝をかけたのだ。橋下は「私は出直し選挙とはひと言も言っていない。松井さんがご自分の考えをお話ししたのでしょう」というが、幹事長の発言を党首が「オレ知らない」で通用すると考えているところに、公党としての自覚のなさが現れている。

   橋下市政を取材しているジャーナリストの吉冨佑治氏は「公明党が日和ったと見えるが、公明党が言いたかったことは、大阪市政はいま混沌としているので、橋下さんしっかりして下さいということ。問責が可決されれば、大阪都構想なども潰れるわけで、ホッとしていると思います」という。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中