ファンモン「解散前に3人だけで食事。不思議と思い出話はしなかった」(ファンキー加藤)

印刷

   6月2日(2013年)に解散する3人組バンド「FUNKY MONKEY BABYS」がメンバーだけで食事をしたと5月30日のブログで明かした。3人の出身地・東京都八王子市のスタジオで最後のリハーサルをしてから、「そこで食事をする事が、八王子市民のステータス」という料理店「うかい鳥山」で食事したそうだ。

   リーダーのファンキー加藤(34)は「『奢るよ!』と口走ってしまった」と後悔しつつ、「3人だけでメシを食うなんて何年ぶりだろう。いつもだったらスタッフさんや友達が必ず同席してるからね」と話す。「料理がどれも美味しすぎて、食べてる間はほぼ無言」で、交わした会話も「ほとんどが東京ドーム公演の話と、それぞれの将来の話。そして適度な下ネタ」で「不思議と思い出話や、過去を振りかえる事はなかった」という。

   加藤は「最後にこういう形でメシが食えて、本当に良かった」と話し、メンバーの不仲で解散するとのうわさを「まったくの大嘘だぜ。なんだったら部屋に隠しカメラでも設置してみろや(笑)」と一蹴した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中