PSYなりすまし男「カンヌ映画祭」パーティーでタダ飲みタタ食い踊りまくり

印刷

   是枝裕和監督の「そして父になる」が監督賞を受賞して日本でも注目されたカンヌ映画祭だったが、現地で話題になったのは「江南スタイル」で人気となった韓国人ラッパーPSYのなりすまし事件だった。

   映画祭の最中は、毎夜、どこかのホテルでパーティーが開かれいたが、そこに偽マネージャーを伴って侵入し、タダで飲み食い、時にはダンスフロアを占領して踊りまくっていたという偽PSYがいたのだ。

ちっとも似てないバレバレだけど「ニセ者とわかっても追い出されなかったぜ」

   写真を見ると、小太りで髪型とサングラスが同じというだけで明らかに別人で、欧米人にとってアジア人の顔はみな同じに見えたのかと思ったら、分かっていた人も結構いたらしい。得意満面のPSYなりすまし男デニス・カレは、ニセ者と分かっても追い出されなかったと話している。パーティーを盛り上げるために呼ばれたお笑い芸人だと思われていたのかもしれない。次は本物のPSYとの面会を計画中らしい。

   ネットでは「バカバカしいけれど賢い」「上手くやった」という声がしきりだ。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中