橋下市長「オスプレイ大阪受け入れ」巻き返し焦って思いつき!押しつけられる地元猛反発

印刷

   日本維新の会の橋下共同代表(大阪市長)が沖縄に配備されている米軍新型輸送機「オスプレイ」の訓練の一部を、大阪・八尾空港で受け入れることを政府に提案するという。6日に予定している菅官房長官との会談で提案するという。もとは日本維新の会の松井幹事長(大阪府知事)が沖縄の地域政党「そうぞう」の下地幹郎代表と進めている政策協定の中で打診され検討された構想という。

突然名前上げられた八尾市長「市民の安全を最優先」と反対表明

   この提案について、突然、名前を挙げられた八尾市の田中誠大市長は「市民の安全を最優先にしたい」と反対を表明した。それはそうだろう。橋下は隣の市の名前を市長でもないのに勝手にあげたのだ。コメンテーターの潟永秀一郎(「サンデー毎日」編集長)は「橋下さんがどういう意図でおっしゃっているのかよく見えませんが、今の流れでこれが出てくると、失地回復でおっしゃっているのかなとおもいますね」と冷ややかだ。

根回しなし

   司会のみのもんたも「安全を最優先したいのは沖縄の人たちと同じ。ただ、(橋下発言は)素直に受け入れられないところはある」

   杉尾秀哉(TBSテレビ報道局解説室長)は「地元に根回しをまったくせずにぶち上げたわけで、手続きも動機も問題になるでしょうね」と切り捨てた。

   参院選が迫り焦りを感じているのだろうが、この程度の思いつきでは失地回復策はますます遠のくだけだろう。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中