東日本大震災「復興予算」ゆるキャラに2000万円!増税までしてこのムダ使い!

印刷

   「モーニングバード!」では、相変わらずの東日本大震災の復興予算の不適切使用問題を追及していた。山口県のゆるキャラに2000万円や被災地以外での雇用対策に1000億円――。コメンテイターで「ゲーテ」編集長の舘野晴彦が「復興予算のために増税までしているのに、誰がどう見てもおかしい。みんなもっと怒っていいですよ」と眉を上げる。

予算ばらまけば回り回って東北が潤う?

   「復興予算」というからには、被災地、被災地と直接関係するものに使われるべきだとついつい考えがちだが、お偉い政治家・官僚のマクロな考え方はまた違う。日本が復興、繁栄すれば、それはとりもなおさず被災地の復興にもつながるんだから、日本のために使えばOKというざっくりポリシーらしいんである。

   まあ日本では「急がば回れ」と言うし、「風が吹けば桶屋が儲かる」とも言う。「金持ちを優遇してもっとカネ儲けさせれば、貧乏人もそのおこぼれにあずかれて、みんなハッピー」理論なんかが大手を振って歩いている(いた?)こともある。

   山口のゆるキャラが世界に進出して、ミッキーマウス級の大人気になって、グッズが売れまくったりすれば、それはいつか東北の復興にも還元されていくことだろう。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中