山岸舞彩「私としてはセクハラを受けたという認識はありませんでした」

印刷

   フリーアナウンサーの山岸舞彩(26)は「NEWS ZERO」(日本テレビ系)の男性プロデューサーからセクハラ被害を受けていたと報じられたことについて、「他の方から見たらどう映るかわかりませんが、私としてはセクハラを受けたという認識はありませんでした」と6月3日(2013年)のブログで否定した。男性プロデューサーは山岸の楽屋に居座ったり、食事に誘ったりしたと報じられているが、「セクハラという言葉を自分の口から発した事もありませんでした。それが、こうして『セクハラ』という言葉だけが取り沙汰されるような状況になってしまったのは、本当に残念に思っています」という。

   「NEWS ZEROは本当に良い番組です。心優しい出演者の皆様やスタッフの皆さんに囲まれて、とても恵まれた環境でお仕事させていただいてます」と番組スタッフに配慮する姿勢を見せ、「その番組が、こうした形で注目を浴びてしまうのは本当に不本意ですし、本当に残念でなりません」と強調した。

   山岸はこの日出席したイベントでもセクハラ被害を否定しているが、事件についての詳細は明かしていない。なお男性プロデューサーは報道局ニュースセンターから生活文化部に異動処分を受けた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中