秋元才加「AKBとしての握手もあとわずか。これからは『会いに行ける女優』を目指す」

印刷

   AKB48を卒業する秋元才加(24)が「だんだんとAKB48としての秋元才加と握手するのは最後って挨拶をしに会いに来て下さる方々が増えてきました」と6月3日(2013年)のブログで話している。

   握手会に「卒業する前に一度会いたくて」と来るファンが多く、「愛情は沢山感じてるつもりだったけど…まだまだまだまだ沢山愛情を注いでくれてて幸せ者です」と語る。またファンが「もう会えなくなるんだね」と泣くのを見て、AKBのコンセプト「会いに行けるアイドル」ならぬ「会いに行ける女優」になりたいと思ったという。

   いまのファンと「会えなくなったらAKBだった事の意味が私の中でなくなってしまう」といい、交流の場所として「ファンクラブの立ち上げをはじめイベントとか考えていくのが楽しみ」と卒業後の夢を広げている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中