2018年 7月 21日 (土)

JFA川淵三郎最高顧問ゴキゲン!「本田の存在感は別格。視聴率38%超えた」

印刷

   日本サッカー協会(JFA)の川淵三郎・最高顧問(76)は「本田の存在感は別格だね。PKを真ん中に蹴る度胸は正に彼の真骨頂」とW杯進出を決めた本田のゴールを6月5日(2013年)のツイッターで称賛した。前日のツイッターでも「今日は朝から落ち着かない。勝ち点でこれだけ有利な条件は滅多にないにも拘わらず」とした上で、「本田選手が出場できそうなのが嬉しい」と気にしていた。

   試合については、「日本は勝てなかったけど、昨夜の試合は両チームとも本当に素晴らしかった。内容が伴ったこんなゲームも珍しい。勝ち負け重視の試合は、普通、もっとアンフェアなプレーが多いもの」と振り返る。「昨夜の視聴率は38%を越えました。皆さん、本当にご声援有難うございました!」と上機嫌だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中