高橋真麻「IT企業社長が『お持ち帰り』は事実と違います。両親に申し訳ない」

印刷

   元フジテレビアナウンサーの高橋真麻(31)は交際するIT企業社長との関係が「女性セブン」に報じられたことについて、「女性セブンの見出しとなった『お持ち帰り』は事実と違う、ということです笑」と6月3日(2013年)のブログで否定した。女性セブンは男性を自宅のマンションに連れて行ったと2011年に報じていた。交際の事実については、「女性セブンに撮られたことがきっかけで彼とお付き合いすることになりました」と認めている。

   「まぁ世の中の人にとってはどちらでも良いことかもしれませんが、当人はそこ大事!的な(笑)」という。「厳格に育てられたのに、『お持ち帰り』とか書かれるのは心苦しくて両親にも申し訳ないし、事実と違うので」と父・高橋英樹、母・小林亜希子という家柄のよさをアピールした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中