本田圭佑ザック・ジャパンに喝!「もっと個人レベル上げよう」祝賀会見ムード一変

印刷

   W杯ブラジル大会一番乗りを決めたザック・ジャパンが一夜明けたきのう5日(2013年6月6日)、お祝いの記者会見に臨んだ。祝賀気分の発言が続いたあと、本田圭佑(26)にマイクが渡ったところで空気ががらりと変わった。選手の名前を挙げて、個人のレベルアップを求めたのだ。

各選手のいいプレー挙げ「ブラジル相手でもあれができるようになろう」

   けさのスポーツ紙は「本田、公開ゲキ」(日刊スポーツ)、「本田の宿題」(スポーツニッポン)、「本田節全開」(スポーツ報知)、「公開説教」(デイリースポーツ、サンケイスポーツ)と、1面は本田一色になった。

いいねえ

   本田は「あんまりしゃべりたくないんですけど、シンプルにいえば『個』だと思います」と話し出した。「キーパーの川島選手が1対1で守ったところ」「今野選手がケーヒルに競り勝ったところ」「(長友)佑都と(香川)真司がサイドで個人で突破したところ」「吉田の守備」「岡崎、前田のシュート」と並べて、「これらの精度をさらに高めて、あれをブラジル相手でもできるようにする」

   さらに、「どうやって自立した選手になって、『個』を高められるか」「自分が前に出るという強い気持ちを持って集まっているのが代表選手だ」と踏み込んで、今野康幸が「ビッグクラブでプレーしている人と一緒にプレーするのは楽しい」と言ったのをつかまえて、「憧れみたいに思ってもらったら困る。 あくまで同じピッチに立ってますから」とまでいった。今野は4歳年上だ。

   本田はW杯予選が始まる前の2011年6月に、「W杯予選に勝つのは当たり前。さらにその先を考えるべき」と言っていた。3年前の岡田監督の目標は「ベスト4」だったが、本田はひとり「優勝」を口にしていた。結果はトーナメント初戦敗退。その夜、本田は香川と岡崎を誘って、日本サッカーの将来を夜通し語り合った。そこで本田は「オレ、マイケル・ジャクソンを超えるわ」と話したという。

「結果で証明したい!」目標はワールドカップ優勝

   本田の奇抜なファッションや「ビッグマウス」はよく知られている。長く取材している記者は「発言で周りを刺激して空気を取り込んでいく。発言を裏付ける努力をみんな知っているから、ひきずっていける」という。きのうもそうして、「個人がもっとレベルアップしなければ優勝など夢のまた夢」と追い込んだのだと見る。

   本田は最後に「結果で証明したい」と言い切った。これで選手たちの目の色が変わった。長友は「危機感を強く感じている。何度もいいますが、優勝しか考えていないので」と。香川も「本当にもっともっとレベルアップしないといけない」。岡崎慎司は「優勝するための1年間にしたい」。キャプテンの長谷部誠は「ゲームの中でも外でも違いを見いだせる選手なので、これからもたくさん発言してほしい」

   司会の小倉智昭「選手のいいことをあげて、精度を上げてと気配りをしてる。ああいうことを言える選手が出てきた。彼は自分にもきびしいんだよね」

   田中大貴アナ「会見では必ず自分の話としてしっかりしないといっています。VTRではカットされるが、その上での発言だからチームが動いたんでしょう」

   為末大(元プロ陸上選手)「26歳でしょ。テストステロンもアドレナリンも出ているころなので、勝負したい気持ちが強いんじゃないですか。個人競技じゃないの で、みんなを鼓舞する思いの表れでしょう。チャーミングで受け入れられるのかもしれない」

   小倉「いいんじゃないですか」

   このれからコンフェデでブラジルはじめ強豪とぶつかる。さっそく結果が見られるかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中