サッカー元日本代表・奥大介「殺す」と妻脅迫で逮捕!電話で激しい夫婦喧嘩

印刷

   サッカーの元日本代表のMF奥大介(37)が、女優の妻・佐伯日菜子さんに「今から殺しにいく」と電話をし、脅迫容疑で逮捕された。奥は尼崎の出身で、1994年にジュビロ磐田でデビューし、MFとしてゴン中山選手らとジュビロの黄金時代を支えた。98年に日本代表に選ばれ、 02年にFマリノスに移籍、結婚した。仲のよい夫婦、娘2人のイクメンでも知られていた。

サッカー引退後はお好み焼き店でアルバイト

   日本代表合宿中にキャバクラへ行ったことがばれて代表をはずされたが、Jリーグのベストイレブンに3回選ばれ、280試合62得点、代表ではAマッチ26試合2得点という記録を残した。07年に選手を引退してからは、横浜FCの強化部長、テクニカル・アドバイザーをつとめ、今年はじめに退団したばかりだった。

残念なこと

   ブログで「(兵庫の)お好み焼き屋を手伝ってる」と明かしていた。そのお好み焼き屋の店主は古い友人で、奥の逮捕に「驚いた」というが、夫婦喧嘩は知っていた。「興奮していたので、『冷静に話をしないとダメですよ』といっていた矢先だった」と話す。そのあと、妻に電話で「今から殺しにいくから」

   こうなってみると、お酒が入るとけんか早いだの、妻に嫉妬深かっただの、DVがあったなど、いろんな話が伝わってくる。レポーターの岸本哲也が「日刊スポーツ」の記事を紹介したが、それによると、奥は佐伯さんの仕事場に電話をかけ続けるなどしたため、佐伯さんが警察に被害届を出したようだ。「今から殺す」というのも、その延長上にあったものだという。

家庭内暴力ひどくDVの証拠録音

   司会の小倉智昭「離婚届より前に被害届というのは、家庭内暴力がひどかったんだろうと想像がつきますね。夫を訴えるって、なかなかしない」

   田中大貴アナ「横浜FCはキング・カズがいるので、取材にいくと強化部長で奥さんがいた。若い人からも慕われていて、このままなら幹部候補かなと思われたんですが…」

   岸本「DVの証拠になる録音とかもあるともいわれています」

   小倉「残念なことだね」

   頭がよくないと生き残れないのはサッカーに限らない。栄光の時をつかまえきれなかった男の哀れ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中