2019年 12月 7日 (土)

熊野古道が危ない!外来種オオキンケイギク大繁殖で在来植物絶滅

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

明治時代にアメリカから流入

   オオキンケイギクが日本に入ってきたのは明治時代で、アメリカからと言われている。いまでは全国に分布し、東京でも見ることができる。たしかに、多摩川河川敷に咲いていて、住宅街の近くにまで迫っている。とにかく繁殖力が強く、荒地でも育ち、種の量も多く1平方メートルあたり5000粒前後も飛び散る。

   コメンテーターのはるな愛(タレント)「深い緑の中に咲く黄色い花。思わず見とれてしまうけど、その花が在来種を脅かす危険な花だというのはとても残念」

   現在、特定外来種生物に指定されているのはオオキンケイギクの他に105種類にのぼる。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中