2018年 7月 19日 (木)

株価どこで下げ止まり?このまま坂道転がる?エコノミストも読めなくなったアベクロ

印刷

   「アベクロバブルに乗っていこう!」「株価2万円台見えた」。ちょっと前の週刊誌の表紙で、そんな太字の見出しを見た気がするが、つい先日の雑誌には「株は大丈夫なのかまだ下がるのかまた上がるのか」云々といったことが細々、書いてあった。

   この頃、株価は急降下、円は急上昇。「モーニングバード!」も先行きが少々心配になったようで、街の人はどう思っているのか聞いた。「自分は株を持っていないが、株が上がり景気がよくなって、いずれ自分にも(おこぼれが)来るんじゃないかと期待してたけど、株価も下がって、本当に景気よくなるんだろうかと不安の声がすごく多かったです」(黒宮千香子リポーター)

頼みの綱は好調な企業業績

   相場はこれからどうなるの。「もっと下がっていくんですか」と羽鳥慎一キャスターも不安げだ。「上がるか下がるかはわからないが、現在、企業の業績そのものは好調なので、どこが下げ止まりかを見極める必要があります」(番組コメンテイターでエコノミストの飯田泰之)

もっと下がる?

   その好業績とやらも、上げ潮ムードへのふわふわとした期待感と為替頼みのバブルでした――なんてことにならないよう、ただただ祈るばかりだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中