会議で必ず夫の話をするプロデューサー 実は別居中だった!逃げられたと認めたくない

印刷

   女は意見や答えを求めているんじゃないの。ただ私の話を聞いてほしいだけなの――こんなことを言われて、女ってのはホントしょーもないな。これじゃいつまでたっても問題は解決しないし、問題を自覚して自己満足になっているだけじゃないか。

   ジューンブライドの季節になってまいりましたが、こんな思いをグっとこらえてご結婚される新郎のみなさま、ご苦労さまです。本当に女性という生き物はだれかに自分の話を聞いてもらうだけですごく満足してしまう。ポイントは2つ。自分が話すことでスッキリ。同情、共感している相手の様子を見て、私1人で抱えなくてよかったとサッパリ。

   ここで反論してはいけないし、問題解決のために手を差し伸べても、女性はすでに漠とした答えを出しているので、どちらにしても話はあまり聞かない。それなら相談するなよ!

   違うの、ただ聞いてほしかっただけ。そんなくせに、男性が問題を1人で抱え解決したことを聞くと、なぜ相談してくれなかったのかと女性は怒る。もっと共有して考えたかったのにと。

「夫が作ってくれたカレーが美味しかった」「夫が教えてくれたんだけれど…」

   女性にとって大事な「共感」「同情」なのである。人前で彼女の話をあまりしない男性はいても、彼氏の話をしないような女性はいない。何かしら言葉の端々に片思いの相手や彼氏や夫の存在がチラチラと出てくる。しかも、自分がいかに恋しているか、愛されているかを話すことでキレイにもなるらしい。恋愛モードになると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が促されて美容効果が期待できると聞いた。経験から恋愛は自分を美しくしてくれることを知っているから、セルフエステ用に彼氏がいなくても妄想の彼氏を作る女性も多い。

   そんな大好きな夫のことをいつも会議で話すプロデューサーがいる。やれ夫が作ってくれたカレーが美味しかった、うちの夫ならこう言うわ、夫が教えてくれたんだけれど、○○って…といった具合なのである。彼女の会話にはさまざまなシーンで夫が登場してくる。会議のたびに、のろけとまではいかないけれど、夫のことを話すので、こちらまでなんだか知り合いになったような気分になる。

   ところがである。とんでもないことをスタッフから知らされた。

「えっ、知らなかったんですか。もうすぐ1年ぐらいになるんですけど、別居中ですよ」

事情知ってるスタッフはやりきれない気持ち

   プロデューサーの夫君は距離を置きたいと家を出て行ってしまったそう。絶対に離婚はしたくないという彼女に、とりあえず今はもう一緒にいられないと別居を選んだ。スタッフはその事実を知っているので、会議中なんともやりきれない気持ちになるそうだ。

   彼女が話していたのは全て過去の話だった。それにしても、なぜ別居中の夫の話を公の場で彼女はするのか。そう、問題が解決するわけではないけれど、とにかく誰かに話したい。夫のことを話すと、別居はウソで今も気持ちは繋がっていると自分に思い込ませているのだ。

   妄想彼氏で女性ホルモンを活性化させることができるならば、夫と幸せなように話をすることも、またホルモン活性化には一役かっているかもしれない。別居中の事実が知られていようと、彼女には関係ない。これも自己満足の1つなのだろうか。

   6月の花嫁は幸せになるというけれど、花婿の幸せはいつの季節なんだろう。女性プロデューサーの夫のように。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中