三浦雄一郎エベレスト登頂の秘密は「脳」だった!高齢者に多い萎縮なし

印刷

   70歳、75歳、そして最高齢80歳と老いに負けず3度のエベレスト登頂を成し遂げた冒険家の三浦雄一郎氏は、じつは満身創痍であった。世界最高峰はおろか、一時は散歩も難しかったのだ。

   キャスターの国谷裕子は「三浦さんは60代の時に肥満から狭心症となり、その後に不整脈であることもわかりました。今回のエベレスト登頂に出発する直前の今年1月(2013年)、不整脈の手術を受けています。500メートルの山も自力では登れないといわれた三浦さんですが、エベレスト登頂に成功するような強靱な肉体をどう取り戻したのか、その秘密を検証します」という。

独自に編み出したトレーニング「ヘビーウォーキング」

   三浦は「いつからエベレスト登頂を考え始めたのか」と聞かれ、「僕が60代の頃、90歳になった父(三浦敬三)がモンブランをスキーで滑り降りたいと言い出したんです。そこで、父がモンブランなら自分はエベレストだと考え始めました」と話す。国谷「この頃、三浦さんはスキーの滑走中に転倒。骨盤を3か所骨折して、自力で上半身を起こせない状態にありました」

   このとき治療に当たった担当医は、「入院してまもなく、三浦さんの病室はスポーツジムのようになっていました。筋肉を鍛えるさまざまな器具があちこちに置かれていました」と話す。

   三浦はヘビーウォーキングとよばれる独自のトレーニングを編み出した。両足首にそれぞれ重さ5キロのおもりを巻き、30キロのおもりを背負って週に4回、長いときには1日8時間以上も歩くのだ。登山で最も重要な脚力や背筋力などを鍛えるためである。

1日6000歩歩けば脳萎縮に防止効果

   エベレスト行き直前の三浦ら、これまで16000人余りの中高年の調査を行ってきた国立長寿医療研究センターの下方浩史客員研究員はこう話す。「三浦さんの脳には高齢者によく見られる脳の萎縮がありませんでした。筋力も75歳の時より上回っていました。年を取ってからでも筋力を付けることは可能ということです」

   国谷「年を取ると、周囲から危険なことはやめろとか無理をしない方が良いとかといわれるケースが多いですよね」

   下方「それを私たちはネガティブサポートと呼んでいます。ネガティブサポートは本人から夢や目標を失わせ、世界を狭くしてしまいます。三浦さんがエベレスト登頂に成功したのは、夢を持ち続け、目標達成に向けて努力しながら生きるという強い信念を持ち続けたからだと思います」

   1日6000歩、散歩でも買い物でもいいのだが、これだけ歩いていれば脳の萎縮を防ぐことができるという。

ナオジン

NHKクローズアップ現代(2013年6月10日放送「老いてこそ挑め~三浦雄一郞80歳のメッセージ~」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中