SMAP老けたなあ!40歳超えていまや売り物は「思い出トーク」かい!?
<僕らの音楽>(フジテレビ系)

印刷

   この日はSMAP特集で、過去の出演VTRを見ながら5人でトークし、最後は50枚目のシングル「JOY!」で締めくくる内容だった。
   自分たちの楽曲の中で好きなのはどれかという話では、「50枚のちょうど半分25枚って『セロリ』なんですよ。『セロリ』って僕、初めての主演の主題歌で、すごい好きな曲」と草彅が言えば、キムタクも「デモ、聴くじゃん。そん時に『世界にひとつだけの花』と『夜空ノムコウ』はびっくりした」と言い、それを受けて「初めて聴いた時、覚えてる? 『夜空』の時ってまだテープだったよね」と稲垣。「うん、テープ。カセットテープだった」とキムタクが答え、「そのテープまだ持ってる」と香取がかぶせるというように、懐かしトークで盛り上がっていた。
   今もアイドル現役。SMAPはいつまでも若いと感心していたが、こうして過去のVTRと比較して見ると、年をとったのは一目瞭然。老けたなあと思わざるを得ない。中居やキムタクも気づいたら40歳を超えているわけだが、そのわりには頑張っているともいえる。なんせカセットテープの時代からアイドルやっているのだから。
   とはいえ、このところのSMAPはシングル50枚目という節目の時だからか、いろんなところでこんなふうに思い出トークの切り売りばかりやっている。思い出話もいいけれど、昔はよかったアピールがひどいと、逆に老け感が増す。そろそろ封印したほうがいいんじゃないか。(2013年6月7日23時30分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中