「飛ぶ統一球」NPBなぜ黙ってた?選手もファンもスポーツマスコミもみんな気づいてた

印刷

   なんでこんなことになるのか。日本野球機構(NPB)が出している統一球の仕様が、今年(2013年)は飛びやすく改められていた。ホームランの出方が昨年、 一昨年とはっきり違うため、だれよりも選手たちから疑問が出ていたのだが、NPBは隠していた。隠すようなことか?

巨人のホームラン数は去年の2倍

   統一球は国際基準に合わせるためとして2011年から導入された。ミズノ1社に決め、反発係数を低めにした。このため、11年、12年はホームラン数が激減し、投手は大いに有利になった。ところが、今シーズンは開幕からホームランが増え、「ボールが変わったのでは?」といわれていた。

年俸にも響く

   司会の小倉智昭「このボールですが、どうも開幕戦から飛ぶなと思っていました」

   データにもはっきり現れている。1試合平均のホームラン数が10年の1.86から、統一球導入の11年は1.09、12年は1.02と落ちたのに、今年は1.50に増えていた。これを巨人の開幕から58試合目までで見ると、10年から90本、43本、36本と減っていたのが、今年はすでに60本とはっきりしている。

   NPBは一貫して「選手の技量が上がったから」と仕様変更を否定していたのだが、きのう11日に仙台で開いた日本プロ野球選手会(労組)との会合で、 仕様を調整していたことを明らかにした。なぜか球団にも選手にも明らかにせず、ミズノにも口止めをしていた。

年間ホームラン数の記録塗り替え

   小倉「なんでこんなのこんなことになったのかな。これでダメになった選手とかもいたはずだし、年俸にも響く」

   田中大貴アナは「これで引退に追い込まれた選手がたくさんいます。ただ、選手たちはボールが飛ぶことを実感していても、統一球だから言えなかった。ファンもホームランが増えたことはわかっていたのですが、なぜだというのがニュースでも扱いずらかった」という。

   小倉「反発係数の誤差は1メートルくらいまでのはずが、去年までは3、4メートルあったんだって?」

   田中「3、4メートルは外野手を越えるかどうかで大きいです。ただ、選手たちも(この統一球を)いかに飛ばすかを工夫しているので、今年はホームラン記録が塗り替えられるんじゃないかともいわれています」

   西武ファンの小倉「ライオンズの中村なんか、飛ばない統一球で1人だけ飛ばしていた。あれ、故障が治って戻ってきたらもっと打つね」

   話はそこで終わってしまったが、もっと突っ込まんかい。NPBという組織、コミッショナーという存在自体が問題大ありなんだ。だいいち、統一球をミズノ1社にというのも変な話だ。このあたりになると、テレビ局では無理かな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中